自分自身で体内の診断、普段の音と感覚を意識する

健康診断

健康診断について

 

健康診断というと、
レントゲン、医師の問診などを
イメージし病院に通うか
1年に一回会社などで行う
健康診断が定番で数値で表現されるので
誰にでも理解しやすい診断方法になります

 

 

その誰にでもわかる数値化したモノ以外にも
なにも使わず自分自身である程度
健康診断ができる方法はあります

 

 

まず一般的な医師を
通じての健康診断で、
例えば数字による基準ですね、

 

体温は36度
血圧は90
体脂肪は20など

 

確かに数字でわかる事もあります
ですがこの基準は
どこからやってくるのでしょう。

 

 

それは統計からの数字になり
自分自身診てもらうというより

 

診断する人の立場から
大多数の人を診る時に
一つの基準を作らないと
診断できないからです。

 

 

 

ひとつ例にあげると生命判断する
体温など基準はありますが
すべての人が36度でないかというと
まんざらそうでもなく
実際に温度の誤差はあるものです。

 

 

もうひとつは睡眠時間で一般的には
8時間が良いといわれてます。
これもすべての人は
8時間かというとそうでもなく、
時間と睡眠の質のバランスに関り

 

近年の科学では
短眠(ショートスリーパー)も
体に良いという情報も出てきています

 

 

 

では健康というのは

 

何を意識するか、

 

 

それは自分自身の
バイオリズムを知る事が
健康であり続けるコツだと感じます。

 

 

 

自分で健康診断は
具体的にすればいいのかというと、

体の中の状況を見るのではなく観て感じる、

 

体的な方法としては

 

静かな所で横たわり自分の血流を
意識できるまで集中し
不整脈などないか
目を閉じると血流(鼓動)が感じられます。

 

 

 

 

 

しばらく続けていると、
血流のスピードが伝わりそれが
血圧、そして不整脈かどうか、
一定に流れているかなど、

 

 

最初は慣れないので分かりにくいものの、
血流以外にむくみや
体のバランスも感じてきます。

 

 

 

このような自分自身と
身体の対話がわかるまで
継続は必要になりますが
体の対話ができ始めると、
更に体の体調なども感じ観えてきます。

 

 

 

言葉で表現するならば
ボディースキャン
分かりやすく具体的な
スポーツや出来事で言うならば

 

 

ヨガ

 

瞑想

 

座禅

 

いずれも激しい動きのものではなく
非常にゆっくりしている動きや
静止している状態を維持する

 

人間は動作や動きが止まると
自然と自分に意識が行きます

 

例えば
どこか痒いなどあると動いているときは
感じないかもしくは無意識の動作として
繰り返し掻いているなど

 

しかし瞑想などは痒みを感じても
その痒みを意識的になくすことができる作業で

 

 

このように外的なアクションや意識ではなくて
精神的な事や内面的な事が中心を行う事で
自分自身の健康診断を行い
薬を服用しないセルフメディケーションができます

 

トイレで大でも小でも内臓の健康状態がわかる。
漢字というのは良く出来てるもので 便(ベン)と読むが便(たより)とも読める。

 

 

 

では!なんの便りか、そのままですが体の内臓(腸) の便りです。
基本健康な状態であれば、
ほとんどが 色はきれいな黄色、
そして臭いがあまり無く、

 

そして大便にかぎり、水に浮くものが良い大便とされています。
そんなちょっとしたコツで未病、健康な生活を維持しやすくなります。

スポンサーリンクス

自分で健康診断関連ページ

プラシーボ効果
思い込みによる健康と免疫力
体と脳の関係
脳の重要性
身体の組織の周期
人体は60兆の細胞の塊と言われています、その細胞は日々生まれ変わっています
あなたの健康基準
あなた自身の健康基準というものがあります