経済と環境と健康とエコロジーの密接な関係

経済エコロジーはお金の秘密

経済の側面
エコロジー環境や自然の中
経済といえばお金のという関連で
結びつきが無いのですが
社会の仕組みではとてもとても
密接な関係でつながって

 

 

 

むしろ経済を作っている人たちが
そのエコロジー環境ビジネス
というジャンルを
作り出しているといっても
過言ではない

 

 

 

表面的には気づかない情報
表面的な一つの方向だけでなく
管理人の独自の視点で
多方面な見方を
まとめたカテゴリー

経済の側面記事一覧

エコロジーということで経済効果が出たことは身近な事でもかなりあります。分かりやすい事例として証明です。以前は電球そのあと蛍光電球そしてLEDライトと省エネ環境に優しいという事でLEDライト事業で稼いだ会社や業者がいます。流通の根本は需要がある物を要求することで差益が発生します。LEDが普及した時基本は照明器具が総入れ替えで消費電力を安くというキャッチコピーで広告が打たれていました家庭のLED総入れ...

身体に良いものというか、もともと本来のものを使うという考え、高度経済成長期の日本はいろんな素材、いろんな成分、それが身体害があろうが無かろうがとにかく作り上げるとい時代でした。誰もが知っているアスベスト(石綿)ですが、今は身体に害があり何がいけないのか情報がいきわたっているので誰もがアスベストは使用しないむしろ使用されていなくて当たり前という考えですが、当時は安価で使い勝手がいい利益を求める為に多...

視点を変えると見え方が変わってくる。それは3食の食事のあり方ですが、1日3食、食事をとる習慣はいつから始まったんでしょうか?日本だけに焦点を当てても江戸時代や農業を営んでいる食事のパターンは1日2食でした。朝しっかり食べ、昼は休憩がてら、おやつ的な感覚で口に入れて作業をして。夜に現代の夕方あたりの時間に、夜ごはんとして食べていました。いつからでしょうか1日3食という決まりが一般化されたのはある視点...

視点を変えれば物の価格編、店頭やネットなど手にしている商品全般、特に日用品や化粧品など。原価という観点で価格を見たことがあるでしょうか?表示の定価で購入したりしているものが、タイムセールや感謝セールなどで価格が下がっています。それを見て「得した」と思うのがほとんどの心境でしょう、ですが「なぜ値下げするのか?」という視点でみると物流の仕組みや利益の取り方がみえてきます。利益をとることは生活していく上...

良い製品は自然とブランド化される品質の高い製品というのは消費者が情報を知れば知るほど選ぶ力が出て来るので、値段重視か品質重視か二極化されるでしょう。品質の良さを知識ではなく何で理解するか@使い心地最初に使用した瞬間の使い心地これは製品自体に物理的、理論的に良いものであろうが、悪いものであろうが感覚的なことなので判断しづらいところではありますがこの判断する基準のひとつにあげてもいいでしょう。A使用後...

日用品の使いやすさは日本の製品は日に日に進化してその使用感や使いやすさは世界の群を抜いて世界一でしょう日用品の使いやすいという事は続けやすいという事につながりますこの続ける、継続するというのがポイントなんです。本質的には日用品の製品の中身が特に何であれ指定が無くても人の心理として使い続けますそれぐらい使いやすさというのは感情的な行動なのでその製品が肌に合わなくても、意識することなく使い続け利用をや...

page top