品質重視と価格のバランス

良い品質にはそれなりの理由がある

良い製品は自然とブランド化される

 

 

 

品質の高い製品というのは

 

消費者が情報を知れば知るほど

 

選ぶ力が出て来るので、

 

 

値段重視か品質重視か

 

 

二極化されるでしょう。

 

 

品質の良さを知識ではなく何で理解するか

 

 

 

@使い心地

 

最初に使用した瞬間の使い心地

 

これは製品自体に物理的、理論的に

 

良いものであろうが、悪いものであろうが

 

感覚的なことなので判断しづらいところではありますが

 

この判断する基準のひとつにあげてもいいでしょう。

 

 

 

A使用後の経過

 

実際に使用していて、シャンプーなら髪がサラサラとか

 

サプリメントなら元気とか、ここも抽象的な表現ではありますが

 

いわゆる体感できているかという事です。

 

 

 

 

 

 

B健康でいられるか

 

見た目の健康と目に見えない

 

健康が維持、または向上しているかで

 

良い製品かの判断基準になります。

 

連続して使用し続けて、

 

体調やダイエットなら自然と健康的に痩せていくなど

 

具体的な変化が体験する。

 

 

 

 

C科学的理論的根拠とデーター

 

世間で言われるエビデンス
(証拠・根拠、証言、形跡)といわれる

 

実際の体験のデーターや分析を

 

専門家もしくわある一定の条件を元に

 

立証される内容、

 

全ての人に当てはまるわけではないですが

 

臨床データー実験で裏づけが

 

取れているの信頼性は高いです。

page top