食事での栄養を吸収される方法と考え方コツ

栄養素を吸収

人はじめ生物は基本的に
何かを摂取、生き物を食べ
その生き物の栄養を摂って
生命活動を行っています

 

 

食べ物自体をみるのではなく
目には見えない栄養素というものが
重要で栄養素を取り入れた後
身体にとって不必要なものは
ほとんど便として排出されます

 

 

その栄養素となるものは
何で判断するのか
そして栄養を摂取する
効率的な取り入れる方法は
よりよく栄養素を吸収する方法を
まとめたカテゴリー

栄養の視点記事一覧

多くの食べ物には皮というものが存在します人間も皮膚という皮でおおわれており内臓を守るため皮膚真皮や脂肪で覆われており皮という物を含めて全て食するのは植物、動物ほとんどがこの原理で栄養食物の摂取を行っていますが唯一人間は道具を使う事で調理の為にわざわざ皮をむいたり包丁、皮剥きピーラーであったり調理する考えがありその技術が発達しているので外見の方を重視したものが主流です栄養の観点を考えると果たして皮な...

近年は食事の量を適量にという傾向がありますファステイングという言葉がありその傾向は時代と共に認知度が高くなってきています日本においては江戸時代ごろでしょうか農家、農民で自給自足の時代は1日2食が主流とされています朝日と共に起き朝食をしっかり食べ午後今なら13時ごろでしょうか休憩とともにおやつ的な持久力のある食材をしょくしていたらしく夕方になり日が沈むと共に帰宅し自宅で夕ご飯を食べていましたそんな生...

page top