重要な水素水ミネラルウォーター水分の摂取

体と水の摂取のポイント

水分としては基本ミネラルウオーターで、
牛乳もお茶もジュースも
コーヒーも紅茶もスポーツドリンクも、

 

健康ドリンクも水分としては
考えない傾向です。

 

水分として身体に必要なのは

 

ミネラルウオーター

 

動物は水分を水からしか摂りません。
※赤ちゃんの時は母親から母乳を飲みます。

 

私たちの体の60−70%以上を占めるものそれは水です。

すべての体内での反応や代謝はみずみずしい細胞があってこそ
速やかに促進されます。

 

水分の必要摂取量は平均して1日2.5リットルといわれ
この数字は健康のポイントとコツになり、
この数字の半分を食事から、残りを水などの飲料で
バランスよく補っていかなければなりません。

 

 

PR:非加熱処理の天然水【フレシャス】

 

一日8杯(約1.5から2リットル)の水を飲むことが
健康維持にはとても大切で、

 

水は体内で血液に変身し、全身を駆けめぐり、
脳だけでも1分間に
0.7リットルもの水(血液)が流れています。

 

腎臓では毎日200リットルの水が通過していますし
水はリンパ液、胃液や腸液など様々に形を変えて
代謝に欠かすことができないものなのです。

 

 

また、老廃物と不要な塩分を排泄するためにも、
水が触媒として使われます。

 

腎臓で取尿として体外に排出される量
1日約1.2リットル、

 

呼吸と皮膚表面からの水分の蒸発が
それぞれ約0.5リットル、
便に含まれる水分が約0.1リットルあり、

 

合計すると1日約2.5リットル
が、

安静にした状態でも失われることになります。

 

 

これが1日に補うべき水の量ということでもあります。

 

「水道水」は飲料水として心配はないのでしょうか?

 

水道水は水質基準をクリアした飲用水ではありますが、

 

飲料水として最適か、というと

 

それは・・・最適ではないと思います。

 

飲みではありますが、今は水を売っている時代、

 

より良い水を飲むことが体に良いと思います。

 

体と水分についてはいろいろな観点がありますが

 

体の中には70%は水分これは紛れもない

 

全てにおいての人が共通する事なので

 

水はとても重要なものになります。

 

PR:非加熱処理の天然水【フレシャス】

スポンサーリンクス

水分の摂取関連ページ

体の水分量
体の水分の観点から見た体健康知識
暑さに水で対策
水の飲み方で汗を出す方法