体の水分量

体は7割が水分

水と体の健康は密接な関係にあります

 

まず水の種類と知識を意識して、
クラスターや硬度のなど、どんな水を飲むかによって
健康の状態や体の錆び、デトックス老廃物排出や
循環度が変わります。

 

 

水の知識の一つにクラスターがあり
化学式の事になると専門知識になるので
ここではイメージ的に表現しますと

 

クラスターは水の粗さ

 

よく天然水やミネラルウォーターは
良いイメージがあり、何がいいかといいと
自然の岩、土、砂を通って濾過された
不純物が非常に少ない水だからです。

 

 

それは体の浸透力、体に染み渡る、
体になじみやすいそれはクラスターの細かく、
限りなく純度の高いH2Oの水。
純度高い水は常温でも飲んだ時に
喉越しが冷たく感じられます。

 

水分は摂取した方が良く、
人間がどれぐらいの比率で
水分保有しているか目安として

 

赤ちゃんの時は80% 

 

成人の時は70%

 

老人の時は60%

 

と言われてます。

 

 

単純にこの数字を見ても、
水分の比率でしわや体年齢の関係し
出来るだけ純度の高い水を摂取する心がけることで
健康やアンチエージング、
抗老化の効果が生まれる可能性があります。

 

赤ちゃんのから乳児幼児は
摂取する食物も母乳、ミルク離乳食と
水分のものが多く必然的に80%というわれる比率になり

 

 

子供から成人は固形物も多くなると同時に
塩分など水分バランスが崩れやすい
老廃物の循環が鈍っていくため
70%という割合になるのは体の大きさと
水分の摂取循環の比率になり

 

還暦を越え老人になると
消化循環新陳代謝がかなり鈍ります
しかし食べ物は固形物も変わらないので
塩分などが高くなるので体に保有する
水分が少なくなる傾向がある

 

そんな水にまつわるちょっとしたコツのうんちくです。

スポンサーリンクス

体の水分量関連ページ

暑さに水で対策
水の飲み方で汗を出す方法
水分の摂取
水の必要性とポイント