自然に還るという事は体にも優しい

さくらの森シャンプー

次に試してみようと思うシャンプーです。
現在は備時録的なページになります。

 

99.9%自然に還るというところはポイントですね。

 

その自然意還る特徴の一つとして

 

 

 

ラウリル硫酸ナトリウム
石油系界面活性剤
合成着色料
防腐剤
合成香料

 

すべてが入っていないシャンプー。

 

 

 

今は情報もあふれてこの上記の成分がどういう作用を起こすのか
消費者たちもある程度理解できるようになりました。

 

体に良いシャンプーの判断の仕方は大きく2つの要素があります。

 

 

 

@体に害のあるものを排除している

 

 

 

A体に良い成分を使用し吸収定着するようにできている

 

 

 

 

オーガニックシャンプーの常識を変えた【ハーブガーデン】

 

 

この2つが揃っていないといけません、どちらか一つでは駄目で
例えばAの良い成分が入っていても、害があるものを同時取り組んでは
プラスマイナスゼロになります。

 

 

 

かといって@の体に害のある成分を排除しても
Aの良い成分が入っていないと、これも意味がありませんよね。

 

 

 

製品自体の作られているバランスはとても大事です。

 

Aの良い成分はフルボ酸とキレート結合効果です
キレートというのは結合ともありますが、

 

もう一つの表現は成分を包み込みまとめる作用があります。

スポンサーリンクス

さくらの森関連ページ

ロゴナシャンプー
ドイツ生まれの環境シャンプーロゴナ
ザシャンプー
防腐剤や保存剤が入っていない100%天然シャンプー
パックスナチュロン
ボディーソープ、シャンプー、コンディショナー、石鹸など殻を洗う全般の日曜消耗品
PAXオリー
パックスナチュロンボディーソープをさらに敏感肌向けのラインナップシリーズ