健康診断からみる健康状態を参考に自分の健康を見る

健康診断の捉え方

健康診断による数値は本来正しい?

 

 

 

健康診断項目の

 

 

胸部X線検査

 

 

血圧の測定

 

 

尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査)

 

 

貧血検査(赤血球数、血色素量)

 

 

肝機能検査(GOT、GPT、γ‐GTP)

 

 

血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪)

 

 

血糖検査(空腹時血糖またはヘモグロビンA1c)

 

 

心電図検査

 

 

BMI

 

 

 

などに値する数値があります。

 

 

 

これらの基準とされてる数値は
アナタにとって本当に正しいのだろうか、
最近巷ではそういうことを
よく耳にするようになりました。

 

 

 

その基準の数値は
正しいという視点から見ると
この数字の根拠は何かというと
統計からが基準で多くの
体型、体格、身体的特徴を
様々な要因複数合わせて

 

 

 

数字の平均化したのものなので、
あなたにとって正しい事実の
数字といえるでしょうか

 

 

 

 

ではあなたにとっては正しいかどうか
こういう事例がありました

 

 

私は以前
身長比率に対して
とても体重のほうが多い方
170cm88kgぐらいのバランス

 

胸囲と胴囲の差が
あまり無いくらいの体型の方で
数字的には明らかに
ボーダーラインを超えていましたが
視覚的なところ以外は
ほとんど健康である数値でした

 

 

その内容から推測するに

 

本来の健康の定義はなんだろうと
疑問を持つきっかけになりました。

 

 

 

そんな視覚的な事以外の
目に見えにくい所に
健康の7割ぐらい占めているようにも
体感的に感じます。

 

 

 

この記事の内容は
社会的な健康診断を
疑問に感じながらも
その数値は正式なものですが

 

自身の内なる健康は
数字以外にもあるということです

 

 

細かく見ていくと
人によっては数値が平均的なところにあるのに
ある特価した持病なども持っている人もいます

 

 

健康診断が悪くはないなく
むしろ必要なんですが
一種類のみを特化して
信じることが危険ではあります

 

 

 

もしですが

 

健康新診断は多くの人が樹受診しているので
例えば似た人の体験年齢

スポンサーリンクス

健康診断の数値関連ページ

マスク
医療機器による文明の進歩とともに健康の基準を数値化した内容