食品添加物についての知識

食品添加物と無添加のバランス

食品添加物について

 


西暦2000年以前は

 

すぐに食べれる

 

調理簡単

 

楽々仕上げ

 

という風な便利さを意識した
表記表現から

 

西暦2000年以降

 

無添加など食品の安全に関する事が
テレビやマスコミでのよく言われるようになっており

 

イーストフード不使用

 

乳化剤不使用

 

人工着色料不使用

 

と表記表現の仕方に変化していきました

 

消費者の動向がそのような変化があっても

 

食品添加物の考えは
食品添加物はある一定の量なら
許容範囲の量を法律で定めていて
無添加と表示されている商品でも
既定の分量を下回れば
無添加を表記しても問題なく

 

 

完全な無添加というのは
自給自足以外はほとんどありません。

 

 

 

無添加を意識するなら
現在の生活パターンをストレスなく、
どのように取り入れるのが
一番良いのでしょうか

 

 

 

注目は毎日食べるものに焦点をおきくと
「お米」と思いがちなのですが
意外な盲点でしたが
毎日無意識で食べている物は
調味料になります

 

野菜やお肉安心なものを選ぶのも
大事なのですがことですが、
日によって品目が変わります
その変化するものに対応すると
ストレスになり続けにくくなりますし
一時的なものだけになります。

 

 

 

添加物は蓄積されるほど怖く
毎日摂取するもの
調味料を意識する事で
蓄積されにくくなります。

 

 

誰でも始めることができる
内容では身近なものから
変える事をお勧めします。

page top