病気の予防

予防記事一覧

健康を維持する法則は予防検診治療3つの順番を意識するといいと思います。  予 防予防については自分の体と毎日対話する習慣をつけほんの少しの体調の変化例えば体がだるい、頭痛、眠いなど不定愁訴に値する症状を自覚する体のシグナル信号の違いを感じとりその変化が体調崩さない程度の許容範囲であれば睡眠や体を休め療養し体調を戻す事で予防により健康を維持できます検 診検診は予防の許容範囲を超え自分の判断できない状...

病気を予防するのに何を始めればいいのか。基準を作る事が必要です。基準はなにかというと、病気と気づくためには健康な状態を知っておく必要があります。検査上の数値でもいいですし、食欲があるか睡眠は熟睡かなど自分にとってのベストコンディションを知る事から予防は始まります。ではこの基準が決まればそれを維持していくのですが年齢と共に体力は変わります。20代に感じる体力と40代、60代では全く違うので年齢によっ...

『虫歯予防』「ミュータンス菌が虫歯(う蝕)を起こすメカニズム」を知って、しっかり虫歯予防をしよう!ミュータンス菌とは、私たちの口腔内にいる細菌のことです。私たちは生まれた瞬間にはこのような菌は存在しませんが、母から子への口移しや食器の共有などで感染します。このミュータンス菌は自分の身体の外にグルコシルトランスフェラーゼという酵素を持っており、その酵素が砂糖をグルコースとフルクトースに分解します。フ...

私たちは一般に口臭と聞くと起床時や空腹時月経時に起こる口臭を思い浮かべるますこれは生理的口臭といって誰にでもあるものでこの生理的口臭は加齢やストレス緊張などで唾液の分泌が低下すると口腔内の自浄作用が働きにくくなり口臭が強くなることがありますその他を分類していうと病的口臭があります病的口臭とは口腔由来のものから言うと虫歯や歯周病入れ歯の清掃不良などがあげられます口腔内の細菌がたんぱく質(血液、膿など...

口臭対策のケアとして歯磨きが一つの手段としてあります。歯磨きにも何種類かあり歯ブラシ、ウォターピック、歯間ブラシとあります。口臭の原因の一つに食べカスこれは口臭はもちろん、虫歯の原因でもありこのカスが全く無ければ歯磨き粉を毎日使う必要が無いぐらい口の中が綺麗な状態になります。なぜか食べカスが残ると細菌が繁殖し増殖し歯垢になる為で原因となる食べカスの固形物無ければ口の中の雑菌や細菌は唾液で消化殺菌も...

体内酵素が最も活発に動く体温は36.5〜37度と言われています。それよりも低くなると酵素の働きも低下し、免疫力も低下すると言われています。冷えと免疫は大きく関わっているんです!こんな方は気をつけて・平熱が36度以下・お腹が冷たい・肩こり、腰痛、頭痛がある・ストレスを溜め込みやすかったり疲れやすかったりアドバイス・よく噛みましょう・歩く時は歩幅を大きく・42度のお風呂に5分間入浴(ヒートショックプロ...

page top