病気までの3段階

予防、検診、治療の法則

健康を維持する法則は

予防

 

検診

 

治療

 

 

3つの順番

 

意識するといいと思います。

 

 

  予 防


予防については自分の体と
毎日対話する習慣をつけ
ほんの少しの体調の変化

 

例えば
体がだるい、頭痛、眠いなど

不定愁訴に値する症状を自覚する

 

体のシグナル信号の違いを感じとり
その変化が体調崩さない程度の
許容範囲であれば睡眠や体を休め療養し
体調を戻す事で予防により健康を維持できます

 

 

 

 

 

検 診

 

検診は予防の許容範囲を超え
自分の判断できない状態で病院に行き検診を行う

 

 

検診は第3者の客観的データーと
意見を目安により体調を崩した原因知る

 

人特に日本人は病気や不調の原因を知ることで安心し
知った安心感で8割ぐらいは解決または回復します

 

 

この状態で薬や治療を必要としないなら
検診後普段の食事の栄養
必須栄養素を摂取し
療養することで解決するだろう

 

 

検診しそれを超える場合
日常生活で対応できない体調を崩すことや
病気にかかると、これはもう
治療の域で対応するしかありません

 

極端なことですが
盲腸
ガン
心筋梗塞
脳卒中など

 

こうなると医師の手にゆだねる事になる

 

治 療


治療になるまでに体の症状と

変化を意識して感じ取るれば
この最終段階になるまでに

予防できます



なってしまっては仕方ないですが
できれば病気にならずに
精神的にも肉体的にも

健康を維持できる選択が良いといえます

スポンサーリンクス

病気までの3段階関連ページ

予防は日々の意識
病気にならない体つくり
口臭予防
病気にならない体つくり
虫歯予防
病気にならない体つくり
口臭予防の道具
病気にならない体つくり