病気の予防

口臭予防

私たちは一般に口臭と聞くと、起床時や空腹時、
月経時に起こる口臭を思い浮かべると思います。
これは生理的口臭といって、誰にでもあるものなのです。

 

この生理的口臭は、加齢やストレス、
緊張などで唾液の分泌が低下すると

 

口腔内の自浄作用が働きにくくなり、
口臭が強くなることがあります。

 

その他を分類していうと、病的口臭があります。

 

病的口臭とは、口腔由来のものから言うと、
虫歯や歯周病、入れ歯の清掃不良などがあげられます。
口腔内の細菌がたんぱく質(血液、膿など)を分解し、
アンモニアや硫化水素を発生させ
腐敗することにより口臭が発生します。
全身由来から言うと、糖尿病や肝疾患、
呼吸器系疾患などがあり、
これら病的口臭は、
その原因が除去されるとともに口臭は消えます。
その他には、実際には口臭がないのに
患者は口臭があると思っており、
検査結果を見てその訴えが改善される化生口臭症や、
同じく口臭がないのに検査結果を見ても
口臭があると思い続ける口臭恐怖症があります。

 

口臭恐怖症の患者には
客観的な検査とカウンセリングが必要になります。
食事の匂いの意識で納豆やネギ、ニラなどを食べた場合にも
口臭が発生しますが一時的なもので自然に消えてなくなります。

 

以上が口臭としてあげられるものです。

 

では生理的口臭のように
誰にでもある口臭はどのようにすると改善できるのでしょうか?
生理的口臭は起床時、空腹時にあると冒頭にありますが、
『起床時の口腔内はドブよりも汚ない』と聞いたことがあります。

 

それでは口腔内の自浄作用の
働きが悪い場合にはどうしたら良いかというと、
お口の中を自らきれいにすることで、口臭がなくなります。
そこでお勧めしたいのが、
起床時に歯磨き(ブラッシング)をし、
そして朝食後にもう一度歯磨きをするという、
2ステップを朝にすることです。

 

ただゴシゴシ磨かないでください。
磨きすぎると、かえって歯に悪いくなります
起床時、誰でも人と話すのが嫌だと思います。
そしてドブよりも汚ないのに歯磨きをせず
朝食をいただくと、そのドブより汚ないものが、
おいしい朝食と一緒に胃の中に入ってしまうのです。
ですから起床時に歯磨きをし、爽やかな息で
みんなに「おはよう!」を言い、
美味しい朝食を綺麗な口腔内でいただき、
また歯磨きをすると学校へ行っても、
会社へ行ってもいつも爽やかな息で会話ができるのです。
また、野菜や乳酸菌など
身体に良いものを食べている人の「便」は
あまり臭わないそうです。
その他にも緑茶には殺菌作用があります。
紅茶には殺菌作用が少ないようですが、
生魚を調理した時に手に臭いがついてしまった時、
紅茶で手を洗うとすぐ臭いがなくなります。

 

臭いを消すという作用からみると、
緑茶や紅茶、野菜、乳酸菌、水分などを摂取することで、
加齢による口臭も少しは軽減できるのではないかと考えられます。
生理的口臭で悩まず、まず口腔内清掃を行ってみてください。
爽やかな息は自分でつくりましょ

スポンサーリンクス

口臭予防関連ページ

病気までの3段階
病気になるまでをカテゴリー分け
予防は日々の意識
病気にならない体つくり
虫歯予防
病気にならない体つくり
口臭予防の道具
病気にならない体つくり