病気の予防

虫歯放置は危険な行為、けどなる人ならない人の違い

『虫歯予防』

 

「ミュータンス菌が虫歯(う蝕)を起こすメカニズム」を知って、
しっかり虫歯予防をしよう!

 

ミュータンス菌とは、私たちの口腔内にいる細菌のことです。
私たちは生まれた瞬間にはこのような菌は存在しませんが、
母から子への口移しや食器の共有などで感染します。

 

このミュータンス菌は自分の身体の外に
グルコシルトランスフェラーゼという酵素を持っており、

 

その酵素が砂糖をグルコースとフルクトースに分解します。
フルクトースは水溶性なので唾液で溶けますが、
グルコースは不溶性のため歯に付着しバイオフィルムを作ります。
バイオフィルムとは台所のぬめりのようなものです。

 

このバイオフィルム内は、ミュータンス菌が砂糖を分解する時に
乳酸を産生しているので、高濃度な酸が存在しています。
この高濃度な酸は歯のエナメル質を脱灰し、
虫歯(う蝕)を起こしてしまうのです。
これが虫歯を起こすメカニズムです。
このメカニズムより、下記に示す3つの要素、

 

1.ミュータンス菌

 

2.砂糖

 

3.歯

 

が虫歯予防に影響していくと考えられます。

 

まず最初に、ミュータンス菌を少なくするためには
正しい歯磨き(プラークコントロール)をすることです。
歯垢は、目で見ただけではわからないところがあるので、
歯垢染色剤を自宅でも使い、
自分で磨けていないところを確かめることが大切です。
きちんと磨いているつもりでも、
案外思ってもみないところが染まってしまうのです。

 

またフロスや歯間ブラシで歯と歯の間を磨くことが効果的です。
これは慣れると短時間でできますので、
面倒だと思わず毎日少なくとも1回は行ってみてください。
いつも同じところから食べかすが出たりして、ハッとします。

 

次に砂糖ですが、砂糖は脳の栄養分ですので摂取することも大切です。
ただ取り過ぎないように注意することと、
代用甘味料のキシリトールなどを摂取することがお勧めです。

 

キシリトールは五単糖アルコールで、
非う蝕誘発代用糖として開発されました。

 

またインシュリンを必要とせず正常に代謝されるので
糖尿病患者に医薬品としても用いられています。
最後は歯です。甘いものばかり食べているのに
虫歯にらならない人や、歯磨きをしているのに虫歯になる人がいます。
これは虫歯ができるのは自分の唾液の量や
歯の質にも起因するからなのです。

 

唾液量を多くするために良く噛んだり、
歯を強くするためにフッ化物配合の歯磨き粉を使用したり、
緑茶にはフッ素が微量ですが入っていますので
歯に良いと思われます。
虫歯予防は毎日の心がけで充分できます。
たった何分かのお手入れで美しい歯を保ちましょう!

スポンサーリンクス

虫歯予防関連ページ

病気までの3段階
病気になるまでをカテゴリー分け
予防は日々の意識
病気にならない体つくり
口臭予防
病気にならない体つくり
口臭予防の道具
病気にならない体つくり